機種変更しました。満足のいくスマホ、Galaxy S10。

 

Yuji
久しぶりに機種変更したYuji(@yuji_dlv)です。

5G端末が発売された中で、2019年6月に発売されたSamsungの『Galaxy S10』に機種変更しました。Galaxy S10を選んだ理由を含めて紹介します。

基本情報

DOCOMO Galaxy S10 SC-03L prism white


メーカーSamsung
製品名Galaxy S10
ディスプレイ約6.1インチ Quad HD+/Dynamic AMOLED有機EL
画面解像度3040×1440
バッテリー容量3300mAh(内蔵電池)
アウトカメラ約1200万画素/約1600万画素/約1200万画素
インカメラ約1000万画素
RAM8GB
ROM128GB
CPUSnapdragon 855 SDM855
CPUコア数オクタコア
外部メモリタイプmicroSDXCメモリーカード
外部メモリ最大容量512 GB
インターフェースUSB Type-C
重量約158g
サイズ約150(H) × 約70(W) × 約7.8(D)mm
SIMnanoUIM
防水 防塵IPX5/IPX8
BluetoothBluetooth 5.0
受信時最大1576Mbps
送信時最大75Mbps
おサイフケータイ
生体認証指紋・顔
ハイレゾ
ワイヤレス充電
イヤホンジャック
ワイヤレス充電
Dexモード
インスタントテザリング

外観

UIはApex Launcherでカスタマイズ。

右上に寄せたパンチホールのベゼルレスデザイン。パンチホールと背景を同系色にすることでより目立ちにくくすることでスッキリする。

下部側面は、左から順にイヤホンジャック、USB Type-C、スピーカーを搭載。完全ワイヤレスイヤホン時代でもイヤホンジャックがあると便利。

左側面は、左から順に音量UP、音量DOWN、Bixbyキー(カスタマイズで自由にアプリの割り当てができる)が配置されている。

上部側面は、左から順に送話口/マイク、トレイイジェクトホール(SIMピンの穴)とnanoUIM/microSDメモリカードトレイ。

右側面は、電源キーのみのシンプルな側面。

Spigenのケースを付けている状態の背面。

背面上部は、左から順に望遠(約1200万画素)/広角(約1200万画素)/超広角(約1600万画素)のアウトカメラ、心拍数センサー、フラッシュ/ライト。

広角、設定オート、レタッチなし。

サイズと重さ

ケース未使用で本体のみ重量は、約157gと軽量。

150(H) × 70(W) × 7.8(D)mmとポケットに入れても邪魔にならず、持ちやすい大きさ。

キャッシュカードサイズとの比較。

使用感

レスポンス

Snapdragon 855(オクタコア)、RAM 8GBの仕様なのでストレスフリー。アプリインストール状況にもよるが、常時RAMの使用率は5GBほど。最適化すると4GBまで下がる。

ポータビリティ

スマホがどんどんサイズアップする中、150(H) × 70(W) × 7.8(D)mmと比較的コンパクトサイズ。重さも約157gなので、長時間の片手操作も楽にできる。

デザイン

パンチホール以外のノイズがなく、動画鑑賞やWEB、画像閲覧時も広く見ることができる。

カメラ

望遠、広角、超広角の3種類はとても便利。色合いなどは好みにもよるが概ね満足行く発色。オートでのシャッタースピードは遅く感じる。

バッテリー

唯一の残念なところがバッテリー持ち。スペック、サイズ、重さを考えると仕方がなく思える。使用環境にもよるが、モバイルバッテリーがあると安心できる。

できること

Tasker系のアプリを使えばAndroidはできることが多いが、簡単にできることをGalaxy限定の機能も含め、気に入っている機能の一部を紹介。

Dex

USBケーブルをつなげるだけで、スマホ画面を外部ディスプレイに表示させたり、キーボードやマウスをBluetooth接続して疑似PC化もできる。

外部ディスプレイに表示。接続するだけで、PCのようなUIになる。

インスタントテザリング

テザリングを行うときスマホのテザリングをONにする手間を簡略化できる。基本的にはAndroidとChromebook間の機能で、対象機種が限られるのが残念。仕組みはAppleのInstant HotSpot同様の機能。

標準カメラ無音化

無音化アプリを入れることで、カメラを含めた指定したアプリの音を消すことができる。他のAndroid機種でも可能。

Galaxyブラウザ

プラウザ自体は他の機種でも使用可能だが、安定性やカスタマイズ性が高い。メインプラウザと使い分けて使用するとかなり便利。

ワイヤレスパワーシェア

ワイヤレス充電対応機器であれば、バッテリーを分け合うことができる。小型のガジェットからiPhoneにも可能。

microSD/SDXCの暗号化

紛失時や盗難時にmicroSDからのデータ流出を防ぐことができる。

Galaxy S10を選んだ理由

以前はXperia xzp SO-04Jを2年半ほど使用していました。本体の大きさとシェア数が少ないことによる未対応サービス(e-Taxなど)以外は不満有りませんでした。ディスプレイの発色、音質は好みにもよりますが現行機種(5G端末除く)より、今でも優っている部分もあると思っています。

以前の機種の足りないところを補いつつ、数年使える端末を探したところ、Galaxy S10、Galaxy S20、AQUOS R5Gの三機種が候補に上がりました。

Galaxy S20は、パンチホールが上部中央に移動したこと、Galaxyシリーズの出始めは安定しないことが多い、5Gエリアは生活圏にないことにより変更を見送りました。

AQUOS R5Gは、スペックは最高峰でしたが、シェア数問題による未対応サービス、5Gエリアは生活圏にないことにより変更を見送りました。

Galaxy S10は、以前の機種の足りないところを補える、キャンペーン割引もあり候補の5G端末価格の約3分の2の価格のため、Galaxy S10に決めました。

まとめ

価格も抑え余裕の持てるスペックカスタマイズを色々行いたい大きすぎないシンプルなデザインのスマホが欲しい人に向いているSamsungのGalaxy S10。

 

Good point

  • ・右上に寄せたパンチホールのベゼルレスデザイン。
  • ・世界で高いシェア率があるため、新機能の対応速度、情報、専用も含めた対応アプリが多い。
  • ・スマホ本体のサイズに対して、スペックや価格のバランスが良い。
  • Bad point

  • ・バッテリーの減りが早い
  • ・三原色が濃く感じる
  •  

    項目評価(5段階評価)
    レスポンス
    ポータビリティ
    デザイン
    カメラ
    バッテリー
    総合
    Amazonで得する方法

    Amazonでお得に購入、Amazonギフト券チャージ(発行日から10年間有効)

    Amazonプライム会員ならさらにお得。

    チャージが面倒な人はAmazon Mastercard

     

    人気記事

    iPhoneからPC(Windows10etc.)への転送時に発生する『このデバイスに到達できません』の対処方法及び原因
    古いandroidタブレット(docomo Dtab 01 10.1インチ)活用法!!
    ASUS ZENBOOK UX21E を入手しSSD交換、ヒンジの修理をしてみた!!
    たっぷりたまねぎポン酢が手軽で美味しい!!

    カテゴリー

    アーカイブ

    1986年生まれ北海道出身。現在は東京都に住んでいます。検証したり、調べることが好きです。

    主にガジェット、WEBサービス、DIY、子育て、食べ物、キャッシュレスについて紹介しています。また、一児のパパになりました。Profile詳細はこちら

    Galaxy S10 SC-03L,iPad Air2,EOS KISS M,C101PA, UX21Eユーザ。