iPhoneからPC(Windows10etc.)への転送時に発生する『このデバイスに到達できません』の対処方法及び原因

やっとiPhoneXからPCへの大量動画(200GB以上)転送に成功したYuji(@yuji_dlv)です。

iPhoneXからWindows10への一括200GB以上のFileをエラー発生せずに転送できましたので対処方法及び原因を紹介したいと思います。

事象

事象概要

iPhoneまたはiPadなどのiOSからPC(Windows、ChromeOSなど)へのFileを転送中に『このデバイスに到達できません』や『システムに接続されたデバイスが機能していません』のエラーが発生し転送できない。

事象詳細

転送元端末iPhoneX、iPad Air2
転送元OSiOS11、iOS12
転送元ポートLightning
転送先端末自作PC、UX21E、C101PA
転送先OSWindows10、Windows7、ChromeOS
転送先ポートUSB2.0、USB3.0
転送先ストレージSSD、HDD
iTunesの有無無(未インストール)
USBドライバの有無有(Apple Mobile Device USB Driver)
転送時のケーブル純正、MFi認定のcheero社製
事象①File単体で500MB以上の場合に頻繁に発生
事象②転送Fileが合計30GB以上の場合に頻繁に発生
エラー内容①このデバイスに到達できません
エラー内容②システムに接続されたデバイスが機能していません

原因

iOS11以上のiPhoneまたはiPadの写真設定によるエラー頻発。設定内にあるMACまたはPCに転送が自動(自動的に写真とビデオを互換性のあるフォーマットで転送)になっていることにより転送中のフォーマット変換時に発生。

iOS11以上のiPhone 7/7 Plus、iPhone 8/8 Plus、iPhone X/XS/XS Maxのカメラでは高圧縮のHEIF、HEVC(H.265)と新しいフォーマットが採用されています。HEIF/HEVC形式を使用することで従来のJPEG/H.264形式よりも写真や動画のデータサイズを小さくすることができますが、アプリやパソコンとの互換性に問題がある場合はJPEG/H.264形式に変更することができます。

対処方法

設定 → 写真 → MACまたはPCに転送 → 元のフォーマットのままを選択。

※『このデバイスに到達できません』や『システムに接続されたデバイスが機能していません』のエラーが発生後にiPhoneまたはiPad再起動していない場合は再起動が必要です。

転送方法

①対処後、iPhoneまたはiPadとPCをLightningケーブルを使用して接続。

②iPhoneまたはiPad側に『このデバイスに写真やビデオへのアクセスを許可しますか?』と表示されるので許可を選択。

※iTunesをインストールしている場合はパスワードを求められる可能性があります。

③PCから直接、DCIM配下にアクセスしデータをコピーする。面倒な場合DCIM配下をすべて選択してコピーも可能。

iPhoneの場合:『 PC\Apple iPhone\Internal Storage\DCIM 』配下のフォルダ内にデータが格納

iPadの場合:『 PC\Apple iPad\Internal Storage\DCIM 』配下のフォルダ内にデータが格納

※Windowsフォトを使用してもインポート可能ですが、OS依存のソフトより直接コピーをおすすめします。

その他対処方法

上記対象方法で改善されない場合は以下の可能性も考えられます。

  • USBドライバが不安定の可能性があるため、Apple Mobile Device USB Driverを再インストールする
  • Lightningケーブルの劣化などの可能性があるため、別のLightningケーブルを使用する
  • 転送先のポート劣化可能性があるため、別のポートを使用する
  • まとめ

    上記対処方法にてiPhoneXからWindows10への一括200GB以上のFileをエラー発生せずに転送できました。転送先OS(Windows10、Windows7、ChromeOS)、転送先ポート(USB2.0、USB3.0)、転送先ストレージ(SSD、HDD)を変えて試しても問題なく『 File単体で500MB以上 』及び『 転送Fileが合計30GB以上 』のFileを転送できました。

    また、ChromeOSはiTunesのインストールができませんが、iPhoneまたはiPadとの接続時にUSBドライバがインストールされるようでiTunesがなくても問題なく転送可能です。

    今回の内容を一覧にまとめた表は以下になります。

    転送元端末iPhoneX、iPad Air2
    転送元OSiOS11、iOS12
    転送元ポートLightning
    転送先端末自作PC、UX21E、C101PA
    転送先OSWindows10、Windows7、ChromeOS
    転送先ポートUSB2.0、USB3.0
    転送先ストレージSSD、HDD
    iTunesの有無無(未インストール)
    USBドライバの有無有(Apple Mobile Device USB Driver)
    転送時のケーブル純正、MFi認定のcheero社製
    事象①File単体で500MB以上の場合に頻繁に発生
    事象②転送Fileが合計30GB以上の場合に頻繁に発生
    エラー内容①このデバイスに到達できません
    エラー内容②システムに接続されたデバイスが機能していません
    原因写真設定内にあるMACまたはPCに転送が自動
    対処方法写真設定内にあるMACまたはPCに転送を元のフォーマットのままに変更
    転送方法DCIM配下のフォルダまたはデータを直接コピーする

    Category

    Archive

    Pickup

    PAGE TOP