リビングテーブル(DIY)にも使用できるFlexiSpotのホワイトウッド天板

Yuji
DIYでリビングテーブル新調しました

既製品を購入せずDIYした理由と作成方法について紹介します。使用した材料や工具も記載しています。

 

提供品
本記事はメーカーのFlexiSpot様より製品を提供頂き作成しています。

DIYとFlexiSpot天板を選らんだ理由

今までニトリで購入したリビングテーブル(120cm × 75cm)を使用していました。子供の木製サークルをボルトで固定するため、ある程度大きさと重さが必要でした。現在はサークルも不要になり大きさと重さを、少し小さく軽くすることにしました。

ネットや店舗でテーブルを探してみましたが天板が薄い、高さが低い、価格が高いなど条件に合うテーブルが見つからないためDIYすることに。

また、我が家の家電はほとんどIoT化してあり、音声制御できますが妻の要望によりTV関係の制御はリモコンがいいとのことでリモコンを置いてあるため、リモコン収納が必要になります。さらに、子供の口を拭いたりなどあると便利なウェットティッシュもテーブル周辺に置きたいため、天板裏に設置する必要があります。

天板選びも難しくリビングの家具やラグと違和感がないようにするため考えた結果、以前FlexiSpot様に提供頂いた昇降デスクと揃えることにしました。仮置きでイメージに合うか試したところ違和感がありませんでした。また、数ヶ月使用して子供が乗ったり、オモチャを天板にぶつけたりしてもキズがつきにくくキズついても目立ちにくい、色移りもしにくいためホワイトウッド天板に決めました。

 

電動昇降デスクFlexiSpot E7

FlexiSpotホワイトウッド天板のポイント

  • ・キズがつきにくく、キズついても目立ちにくい
  • ・色移りもしにくい
  • ・厚さが2.5cmあるため天板のたわみなし
  • ・側面までキレイに加工されている
  • DIYしたリビングテーブルの全体

    リビングテーブルの天面全体です。ホワイトベースなので圧迫感がなく、実際の大きさ(120cm × 60cm)に対してスッキリ見えます。

     

    天板裏にはリモコンやテッシュなどをしまう収納ラックとウェットティッシュケースをネジで固定しています。

     

    テーブルの脚は口型の全体が天板より内側に入る大きさにしています。四本脚に比べて安定度は落ちますがスッキリ見えます。約20kgの子供がテーブル端に座ったりしてもひっくり返りませんでした。

     

    注意
    カーペットの厚さやアジャスターの高さにより安定度は変化します。

    使用した材料

    材料一覧数量
    天板1
    テーブル脚2
    M6ボルト(テーブル脚の付属品)16
    鬼目ナット(M6×20)16
    収納ラック1
    木ネジ(収納ラック付属品)4
    ウェットティシュケース1
    木ネジ(4×12)4

    リビングテーブルの天板に使用した、FlexiSpotのホワイトウッド天板。

     

    リビングテーブルの脚に使用した、ホワイトスチールの口型ロータイプ。M6六角穴ボルトが16本付属しています。

     

    天板裏に取り付けたリモコン、ティッシュ置き用の収納ラック。

     

    天板裏に取り付けたウェットティシュケース。ワンタッチで開閉できるタイプ。

     

    天板と脚を固定するためのM6六角穴ボルトの受側になる鬼目ナット。

     

    ウェットティシュケース固定用のネジ。

     

    使用した工具

    工具一覧数量
    電動ドリル1
    9mmドリルビット1
    養生テープ(テープならなんでも可)1

    鬼目ナットを埋め込む用の下穴をあけるための9mmドリルビット。

     

    穴をあけるための有線電動ドライバー。

     

    作り方

    天板を裏返して、脚を固定したいところに置く。シャープペンで脚の穴をなぞる。

     

    脚の片方4個分の穴開け位置をきめる。

     

    片方分の合計8個穴あけ位置をきめる。同様に反対側の脚部分のところにも穴あけ位置をきめる。

     

    9mmドリルビットに鬼目ナット分の深さ分穴あけ長さがわかりやすいように養生テープなどでガイドラインを作る。

     

    注意
    先の部分の長さを考慮する必要がある。

    シャープペンで下書きした穴あけ位置に穴をあけていく。

     

    両脚あわせて合計16個穴をあける。

     

    鬼目ナットを六角レンチで16個分、埋め込んでいく。

     

    片方の8個分埋め込んだら、反対側も同様に埋め込む。

     

    注意
    我が家の場合、ラグの下に薄いウレタンを敷いており、テーブルの脚の沈み込みが発生するため、テーブルの高さを確保するのに鬼目ナットを完全に埋め込まずに少し出しています。

    脚を鬼目ナットの上に置き、六角レンチで固定していく。一度に一ヶ所を締めすぎないようにし、ある程度固定したら最後にきつく締める。

     

    収納ラックを固定していく。木ネジのため、下穴など準備せずに固定したい位置に電動ドリルを使用して直接固定していく。

     

    ウェットティシュケースも収納ラック同様に固定していく。ケースの裏蓋を貫通させるように固定する。

     

    全部取り付けると、天板裏側は写真のようになる。

     

    まとめ

    leftmidlight

    横120cm × 縦60cm ×高さ33~34cm(アジャスターがあるため約1cm程度高さ調整可能)のリビングテーブルをDIYしました。

    10日間毎日使用していますが、汚れなどは水拭きで落ちるし、子供がおもちゃで遊んでも肉眼で見えるようなキズは今のところ確認できず。

    リビングテーブルで悩んでる方がいればDIYに挑戦するのもひとつだと思います。今回のDIYテーブルの作成時間は30~40分ほどでした。

    今後の天板状況については不定期にTwitterでツイートしていく予定です。

     

     

    FlexiSpotホワイトウッド天板のポイント

  • ・キズがつきにくく、キズついても目立ちにくい
  • ・色移りもしにくい
  • ・厚さが2.5cmあるため天板のたわみなし
  • ・側面までキレイに加工されている
  • 材料一覧数量
    天板1
    テーブル脚2
    M6ボルト(テーブル脚の付属品)16
    鬼目ナット(M6×20)16
    収納ラック1
    木ネジ(収納ラック付属品)4
    ウェットティシュケース1
    木ネジ(4×12)4
    工具一覧数量
    電動ドリル1
    9mmドリルビット1
    養生テープ(テープならなんでも可)1

    FlexiSpot公式サイト