一度飲んでもらいたい『無濾過 原酒 黒牛』とオススメの『信濃鶴 純米無濾過原酒』

今回は和歌山県の株式会社名手酒造店『無濾過 原酒 黒牛』と長野県の酒造株式会社長生社『信濃鶴 純米無濾過原酒』 の2本紹介です。いつもお世話になっているお店の店長さんおすすめをいただきました。

無濾過 原酒 黒牛

甘辛:普通、原料米麹:山田錦 掛:五百万石、精米歩合:麹:50% 掛:60%、アルコール度数:18.5度、日本酒度:+3.0、酸度:1.8です。

冷酒で飲んでみました。原酒のためかなり濃厚ですがフルーティーで飲みやすく甘さと辛さも絶妙でとても美味しい日本酒です。蔵は慶応2年(1866年)に創業している老舗です。黒牛は他にも種類がありすべて飲んでみたいと思わせる原酒でした。肴無しでも飲み続けることが出来る日本酒です。

徳利を使用したり、グラスに入れてすこし時間あけ味の変化を楽しんで飲んでもらいたいお酒です。生原酒のため、数に限りがあります。是非一度は飲んでほしい日本酒の一つです。

信濃鶴 純米無濾過原酒

甘辛:不明、原料米麹:不明、精米歩:60%、アルコール度数:16〜17%、日本酒度:不明、酸度:不明です。

冷酒で飲んでみました。日本酒度はわかりませんがこちらも濃厚でフルーティーです。フルーティーの感じが甘さ強めですが酸も感じられお酒です。白身の刺身やさっぱりとした料理に合うと思います。

徳利を使用したり、グラスに入れてすこし時間あけ味の変化を楽しんで飲んでもらいたいお酒です。生原酒のため、数に限りがあります。気になった方はお早めに!日本酒を飲むときには『 和らぎ水』も忘れずに!!

 

カテゴリー

アーカイブ

1986年生まれ北海道出身。現在は東京都に住んでいます。ガジェット、WEBサービス、DIY、子育て、食べ物好きで、調べた・検証した・気になったことを紹介しています。また、一児のパパになりました。Profile詳細はこちら

Xperia XZ Premium SO-04J, UX21E,iPad Air2,EOS KISS M,C101PAユーザ。