Type-C充電の完全ワイヤレスイヤホン『Mpow M7』

 

完全ワイヤレスイヤホンはしばらく様子見していたYuji(@yuji_dlv)です。

Type-C充電可能で完全防水仕様(IPX7)の完全ワイヤレスイヤホン『Mpow M7』を紹介します。

基本情報

Mpow M7 ワイヤレス イヤホン IPX7防水 AACコーデック対応 親子機入れ替え機能 Bluetooth 5.0+EDR搭載 自動ペアリング 自動オン/オフ ワイヤレスイヤホン 6+24時間再生 3Dステレサウンド siri/音声アシスタント対応 Telec/MSDS/PSE認証取済み 18ヶ月間保証 ブラック

基本情報/スペック
商品名Mpow M7
モデルBH389A
Bluetooth バージョンV5.0
通信距離10m
対応コーデックSBC、AAC
防水レベルIPX7
イヤホン通話/再生時間6時間
ケース再生時間24時間
充電時間2時間
USB充電規格Type-C

外観


左右が決まっているタイプのイヤホン。本体、イヤホン共にマグネットが内臓されており、ケース収納時に楽にしまうことができ、落としにくい。


若干厚みがあり、イヤホン使用時は耳からはみ出る。普段使いでは特に違和感はなく、着け心地も特別に圧迫を感じることはない。


ケース自体は丸みがある、マットブラックなプラスチックデザイン。


Type-C規格なので、他ガジェットと規格を統一できる。急速などには対応しておらず、低電圧のみなので充電には注意が必要(急速に繋いでも充電されない)。

サイズ、重さ


本体 + イヤホン合わせても51gと軽い。


片耳が5gと軽量。丸みがあるので、落としたらわりと転がる。


キャッシュカードサイズとの比較。厚さは違えど、横幅はほぼ同じサイズなのでケースごとポケットに収納できる。

使用感

音質

Galaxy S10、Xperia xzp,iPhone Xの3機種でYouTube使用し、音質を確認したがAndroid OSの方が相性が良いイメージ。Androidで使用する分には特に工夫せず使用でき、長時間音楽を聴いても問題ない。

重低音にこだわりがなければiOSでもそのまま使用しても問題なく、イコライザー設定できるアプリやイヤーピースを変更するなど工夫すればiOSでも好みの音に調整できる可能性がある。

バッテリー持ち

主に通勤時に使用するのがメイン、3,4日一度程度の充電ペース。

ペアリング(遅延、音切れ含む)

ペアリング自体は一度接続すれば、以降は自動ペアリング。ペアリングの失敗も少ない。ペアリングは1台のみなので、複数使用したい場合は都度ペアリングが必要。

通勤時に新宿を利用するが、遅延したり、音切れすることは今のところない。駅のホームで高速で通過する車両が来たときは、音切れが発生するときがある。音ゲーについては、プレイしないので未確認。

耐久性

週5以上のペースで3ヶ月使用しているが今のところ、特に不具合はない。

その他

イヤホン自体厚みがあるので、横むきで寝ながら使用はおすすめしない。

まとめ

5000円以下とワイヤレスイヤホンの価格では安い価格帯。音質、バッテー持ち、Bluetooth接続維持、耐久性を考えると普段使いで、気にせず使える完全ワイヤレスイヤホン。

『完全ワイヤレスイヤホンを試してみたい』、『普段使いで気にせず使いたい』人に向いている完全ワイヤレスイヤホン。

項目評価(5段階評価)
コンパクト
3
軽さ
4
デザイン
4
便利度
5
総合
4
Amazonで得する方法

Amazonでお得に購入、Amazonギフト券チャージ(発行日から10年間有効)

1回のチャージ額通常会員プライム会員
5,000~19,9990.5 %1.0 %
20,000~39,9991.0 %1.5 %
40,000~89,9991.5 %2.0 %
90,000~2.0 %2.5 %

Amazonプライム会員ならさらにお得。

チャージが面倒な人はAmazon Mastercard

 

人気記事

カテゴリー

アーカイブ

1986年生まれ北海道出身。現在は東京都に住んでいます。検証したり、調べることが好きです。

主にガジェット、WEBサービス、DIY、子育て、食べ物、キャッシュレスについて紹介しています。また、一児のパパになりました。Profile詳細はこちら

Galaxy S10 SC-03L,iPad Air2,EOS KISS M,C101PA, UX21Eユーザ。