手軽に5GHz Wi-Fiエリアを拡張できるWi-Fi 6中継器 TP-Link RE705X

Yuji
電源入れてWPSボタン2回押すだけという簡単さ・・・

ルーターと同じSSIDでWi-Fiエリアを拡張できるWi-Fi 6中継器、TP-Link RE705Xを紹介します。

 

提供品
本記事はメーカーのTP-Link様より製品を提供頂き作成しています。

基本情報

TP-Link Wi-Fi 無線LAN 中継器 Wi-Fi6 対応 2402 + 574Mbps 11ax/ac APモード HE160 ブリッジモードギガ有線LANポート RE705X/A


動作モード中継器モード/アクセスポイントモード(ブリッジモード)
ポートギガビットポート×1
ボタンWPSボタン、Reset(初期化)ボタン
入力電力100-240V~50/60Hz
消費電力12.6W
寸法(幅 X 奥行き X 高さ)74.0×46×124.8 mm
アンテナ外部アンテナ×2
ワイヤレス規格IEEE 802.11a/n/ac/ax 5GHz、 IEEE 802.11b/g/n/ax 2.4GHz
周波数範囲2.4GHz及び5GHz
信号レート2.4GHz:574Mbps / 5GHz:2402Mbps
発信パワーCE: 2.4GHz ≤16dBm、 5GHz ≤21dBm
ワイヤレス モード中継器モード/アクセスポイントモード(ブリッジモード)
ワイヤレス機能Wi-Fiのオン/オフ、 ワイヤレス統計
ワイヤレスセキュリティWEP、 WPA、 WPA2、 WPA3
送信パワーCE: 2.4GHz ≤16dBm、 5GHz ≤21dBm
認証CE、 RoHS
受信感度
5GHz:
11a 6Mbps:-97dBm
11a 54Mbps:-78dBm
11ax HE20 MCS0: -97dBm
11ax HE20 MCS11: -66dBm
11ax HE40 MCS0: -94dBm
11ax HE40 MCS11: -62dBm
11ax HE80 MCS0: -91dBm
11ax HE80 MCS11: -61dBm
11ax HE160 MCS11: -59dBm
2.4GHz:
11g 6Mbps:-96dBm
11g 54Mbps:-78dBm
11ax HE20 MCS0: -95dBm
11ax HE20 MCS11: -66dBm
11ax HE40 MCS0: -93dBm
11ax HE40 MCS11: -62dBm

外観

好きな人にはささる角張ったデザイン。前面には電源、Wi-Fi、2.4GHz、5GHzの状態がわかるLEDが搭載されています。

 

leftmidlight

背面には仕様表記と電源プラグ、底面及び天面は排気を考えたデザインになっています。

 

leftlight

左側面にはLANポートが一つあります。右側面にはWPSボタンとRESETボタンがあります。

 

サイズと重さ

実測の重量は286gになっています。数値以上に持った感じは重く感じます。

 

使用感

leftlight

5GHz帯で一番速度低下がみられる場所に設置した結果、170Mbps(設置前350Mbps、設置後520Mbps)の速度改善が見られました。電波の特性上、周波数が高くなると範囲が狭くなるため手軽に5GHz帯エリア拡張できるのはかなり便利です。

また、ルーター圏内であれば、電源を抜いても設定がのこっているため必要な時にエリア拡張するという方法もとることができます。

ただ、設置場所については壁の電源コンセント部分を専有するだけではなく、小さい子供がいる場合はデザインなどが興味をそそられるらしく(特に男の子)、勝手に抜いてしまう可能性があります。そのため設置場所については少し注意が必要です。

Yuji
変身するやつみたいでカッコイイと言ってました・・・・
測定環境
測定端末:Galaxy S10
光回線:ドコモ光 × OCN (IPv4 PPPoE)
環境情報:鉄筋コンクリート
ルーター:Archer AX73
メッシュWi-Fi:RE705X
構成:ONU→Archer AX73→RE705X
計測:fast.com(https://fast.com/ja/)

 

 

TP-Link Archer AX73

 

まとめ

『有線LANを使わずにWi-Fi範囲を広げたい』、『同じSSIDでWi-Fi範囲を広げたい』、『簡単にWi-Fi範囲を広げたい』人に向いているTP-Link RE705X。

 

Good point

  • ・設定が手軽(WPSボタンで簡単接続)
  • ・安定した速度を出せる
  • ・ルーターと同じSSIDを使用できる
  • Bad point

  • ・壁の電源コンセント部分を専有する
  • ※延長コードを使用することで回避することもできます。


    項目評価(5段階評価)
    コンパクト
    軽さ
    デザイン
    便利度
    総合