最大132Wのグラボ、AMD Radeon RX6600。

 

Yuji
メインPCのGPUをGTX1650からやっとアップグレードできました!

AMD Radeon RX6600に変更してから1カ月ちょっと経過したのでベンチ結果や消費電力、温度も含めて紹介します。また、Windows10とWindows11との比較もしています。

 

基本情報

玄人志向 グラフィックボード AMD Radeon RX6600 GDDR6 8GB 搭載モデル 【国内正規代理店品】 RD-RX6600-E8GB/DF


型番 RD-RX6600-E8GB/DF
JANコード 4988755060349
GPU Radeon RX 6600
コアクロック Boost: 2491 MHz
メモリクロック 14 Gbps
ビット幅 128 bit
メモリサイズ 8 GB
メモリ規格 GDDR6
I/O DisplayPort x3、HDMI x1
最大消費電力 132W
バス PCI-Express 4.0
補助電源 8pin x1
冷却 空冷ファン
スロット 2スロット占有
セミファンレス
DirectX 12
HDCP
RoHS
PSE 非対象
電波法 非対象
本体寸法 200 x 111 x 39 mm (ブラケットを除く)
保証期間 1年

外観

空冷ファンを2つ搭載したモデル。最大1500RPMでデフォルト設定だと低負荷時にはファンが動かない仕様。モードをプリセットされてるバランスなどに変更すると常時1450RPM前後で稼働する。

 

 

正面から見て右側面は特に何もなくGPUヒートシンクや基盤が見える仕様。ヒートシンクの向きが横向きなので、GPUファンを回さなくても低負荷時はケース内のエアフローで冷却できると思われる。

低負荷時にファンを回した場合1、2℃下がる程度。

 

正面はPowerColerの表記と補助電源の8pinが1つある。こちらからもヒートシンクや基盤も見えるので掃除がしやすそう。

 

 

画面出力端子は、HDMI(1基)、DisplayPort(3基)の計4基ある。

 

 

PCIスロットへ接続する側もヒートシンクや基盤が見え、基盤にバックプレートはないタイプ。

 

 

ベンチマーク

Windows10

フルHD(1920×1080)の最高品質でSCORE 15559の非常に快適なのでフルHDでプレイするなら十分。

 

 

フルHD(1920×1080)の高品質でSCORE 07472の快適なのでフルHDでプレイするなら十分。

 

 

Windows11

フルHD(1920×1080)の最高品質でSCORE 15473の非常に快適なのでフルHDでプレイするなら十分。Windows10のSCOREに比べ若干下がっているが誤差の範囲。

 

 

フルHD(1920×1080)の高品質でSCORE 07508の快適なのでフルHDでプレイするなら十分。Windows10のSCOREに比べ若干上がっているが誤差の範囲。

 

 

温度と消費電力

注意
室温20℃~22℃、PCケース内のエアフロー同条件で測定。環境によっては必ず下記の値になるわけではありません。

Windows10

・FF14ベンチマーク

最大消費電力95W、平均消費電力78W、最大温度69℃。設定はフルHD(1920×1080)の最高品質で測定。

 

 

・FF15ベンチマーク

最大消費電力95W、平均消費電力90W、最大温度68℃。設定はフルHD(1920×1080)の高品質で測定。

 

 

・ブラウジング、事務処理、Youtube視聴

最大消費電力4W、平均消費電力3.6W、最大温度32℃。Chrome10タブ、Youtube視聴、Excelのデータ整理、フルHDのディスプレイ2枚で測定。

 

 

Windows11

・FF14ベンチマーク

最大消費電力100W、平均消費電力81.2W、最大温度65℃。設定はフルHD(1920×1080)の最高品質で測定。Windows10に比べ最大消費電力が5wほど高く、平均も3wほど高い結果。SCOREはほぼ変わらず。

 

 

・FF15ベンチマーク

最大消費電力100W、平均消費電力97.25W、最大温度69℃。設定はフルHD(1920×1080)の高品質で測定。Windows10に比べ最大消費電力が5wほど高く、平均も7wほど高い結果。SCOREはほぼ変わらず。

 

 

・ブラウジング、事務処理、Youtube視聴

最大消費電力11W、平均消費電力4.94W、最大温度35℃。Chrome10タブ、Youtube視聴、Excelのデータ整理、フルHDのディスプレイ2枚で測定。

 

 

まとめ

 

『最大消費電力が低いGPUがほしい』、『ゲームはフルHDでしかやらない』、『写真編集や動画編集でそこそこGPU性能がほしい』人に向いている玄人志向のAMD Radeon RX6600。

 

 

Good point

  • ・RX6600シリーズで一番低価格
  • ・フルHDなら十分な性能
  • ・最大消費電力が132wと低電力
  • ・ほとんど面からヒートシンクや基盤が見えるので掃除がしやすい
  • Bad point

  • ・補償が1年
  • ・バックプレートなし
  • Amazonで得する方法

    Amazonでお得に購入、Amazonギフト券チャージ(発行日から10年間有効)

    1回のチャージ額 通常会員 プライム会員
    5,000~19,999 0.5 % 1.0 %
    20,000~39,999 1.0 % 1.5 %
    40,000~89,999 1.5 % 2.0 %
    90,000~ 2.0 % 2.5 %

    Amazonプライム会員ならさらにお得。

    チャージが面倒な人はAmazon Mastercard

     

    人気記事