iPad用の着脱式ペーパーライクフィルムが便利。上質紙とケント紙両方購入で比較!

 

Yuji
iPadの反射は抑えたいけど、画質を悪くしたくなく悩んでいたYuji(@yuji_dlv)です。

エレコムから発売されているリニューアル版の着脱式のペーパーライクフィルムを上質紙とケント紙を両方購入し、比較したので紹介します。

 

基本情報

【リニューアル】 エレコム iPad Pro 11 第3世代 2021年 液晶保護フィルム ペーパーライク 反射防止 ケント紙タイプ 着脱式 TB-A21PMFLNSPLL クリア

【リニューアル】 エレコム iPad Pro 11 第3世代 2021年 液晶保護フィルム ペーパーライク 反射防止 上質紙タイプ 着脱式 TB-A21PMFLNSPL


メーカエレコム
着脱式
タイプ上質紙/ケント紙
材質PET
反射防止
ケント紙型番TB-A21PMFLNSPLL
上質紙TB-A21PMFLNSPL

外観

ベゼルより薄い黒い吸着部分が上下にあるデザイン。収納ケースは大きめにできており、iPad用のケースに収納するには収納ケースをカットする必要あり。上質紙とケント紙の2タイプを持ち歩いて使い分けたい人は画像のようにずらして収納すると便利。

 

右下にはタイプの記載やintolaboなどのいらないノイズ。iPadをノートのようなフラット使用だとあまり気にならないが、Magic Keyboardなど画面に角度ついた場合気になる。

 

左上にはELECOMの記載。右下同様にiPadをノートのようなフラット使用だとあまり気にならないが、Magic Keyboardなど画面に角度ついた場合気になる。

 

使用感

上質紙タイプ

かなり紙に近い書き心地になり、反射も十分に抑えられる。より紙に近いフィルムが欲しい人は上質紙タイプがオススメ。特に文字のとめ、はねを重視する人は上質紙タイプ向いている。Pencilのペン先消耗が心配なところ。

 

ケント紙タイプ

紙と通常フィルムの間だが紙よりといった書き心地。Pencilのペン先消耗軽減や速記の人はケント紙タイプが向ている。また、反射は上質紙タイプ同様に抑えられる。

 

まとめ

上質紙タイプは『より紙に近い書き心地がほしい』、『Pencilのペン先消耗が気にならない』人に向いているペーパーライクフィルム。

ケント紙タイプは『通常フィルムより紙に近い書き心地がほしい』、『Pencilのペン先消耗も抑えたい』人に向いているペーパーライクフィルム。

反射軽減についてはどちらも同様なので、私自身はより紙に近い上質紙タイプを常用する予定。

Good point

  • ・着脱式なので必要なときだけ使える
  • ・かなり紙に近い書き心地になる
  • ・反射が抑えられる
  • ・フィルムの上に貼っても使用できた
  • Bad point

  • ・右下にフィルムタイプの記載があり、ノイズが気になる
  • ・フィルムが汚れるとなかなか落ちない
  • ・収納ケースが大きい(カットすることで対応策あり)
  • ・左下からのスワイプでのスクショ難あり
  • 項目評価(5段階評価)
    コンパクト
    軽さ
    デザイン
    便利度
    総合
    Amazonで得する方法

    Amazonでお得に購入、Amazonギフト券チャージ(発行日から10年間有効)

    1回のチャージ額通常会員プライム会員
    5,000~19,9990.5 %1.0 %
    20,000~39,9991.0 %1.5 %
    40,000~89,9991.5 %2.0 %
    90,000~2.0 %2.5 %

    Amazonプライム会員ならさらにお得。

    チャージが面倒な人はAmazon Mastercard

     

    人気記事