随時更新、愛用しているモノを公開中。

 

満足行く完全ワイヤレスイヤホン、jabra elite active 75t

 

Yuji
自宅ではなるべく家族との時間を優先したいため、モバイル環境で作業することが多いYuji(@yuji_dlv)です。

外出時から在宅勤務まで活躍するjabra elite active 75tを購入したので紹介します。

 

 

基本情報

Jabra 完全ワイヤレスイヤホン アクティブノイズキャンセリングElite Active 75t ネイビー IP57 防塵防水 Bluetooth® 5.0 マルチポイント [国内正規品]


タイプカナル型
装着方式完全ワイヤレス(左右分離型)
サイズ27.0 x 36.6 x 62.4mm
重量(イヤホン)12g
重量(ケース)49g
再生周波数帯域20Hz~20kHz
ドライバサイズ6 mm
充電端子充電ケース:USB Type-C
BluetoothバージョンVer.5.0
連続再生時間最大7.5時間
充電時間(イヤホン)2時間
充電時間(ケース)2時間20分
対応コーデックSBC/AAC
マルチペリング対応
外音取り込み
自動電源ON機能
防水・防滴性能IP57
リモコン
ノイズキャンセリング
マイク
音質調整
自動電源OFF機能

外観

シリコン素材のケースにjabraのロゴが刻印されているシンプルなデザイン。

 

背面は充電用のType-Cポートとインジゲーター。光る色で残りの残量を確認するタイプ。

 

ケースを開くとイヤホンがちょうど収納できるくらいに省スペースなデザイン。

 

ケースの内側も外側と同じシリコン素材のため、充電端子気をつけながら水拭き可能。

 

上部と下部は特に何もなく、手に持つとわかるくらいで中心に向かって凹がある。

 

サイズと重さ

イアホン、ケース合わせて総重量は45gと軽い。

 

イヤホン単体は約6gで、左右合わせると12g。イヤージェルはサードパーティを使用。

 

キャッシュカードサイズとの比較。

 

使用感

音質

重低音も申し分なく、高音に関しても音割れしたりせず、一音一音綺麗に聞こえるので、完全ワイヤレスイヤホンもかなり進化。

GALAXY(android)とAir4(iPadOS)で使用しており、GALAXYは『poweramp』 + 『Jabra Sound+』の2つのアプリを使用して自分好みの音にカスタマイズ。 

Air4では動画が中心なので、ペアリング時の初期設定で使用。

アンプはDENON、有線イヤホンはONKYO、ワイヤレスイヤホンはjabreと思っているのでかなり満足。

マルチポイント

androidやiOSはもちろんBluetooth対応機器登録でき、2台分は音がででいる最新の方端末から自動で判別して切り替え。タブレットやスマホをよく切り替えて使用する場合はかなり便利。切り替え失敗も今のところ数回程度しか発生せず、安定。

 

アクティブノイズキャンセリング

ファームウェアのアップデートで追加された機能。無料でアップデートでき、性能も優秀。アップデートできる仕組みも魅力の1つ。

ノイズキャンセリング機能のON/OFFも可能。

 

防水・防塵仕様(IP57)

使用したままシャワーができるくらいの防水仕様。防塵性能も高く、外出先で心配することなく使用可能。

 

まとめ

『自宅や外出時も同じ環境を使用したい』、『複数端末の切り替えの手間やストレスを減らしたい』、『音や設定を色々カスタマイズしたい』人に向いているjabra elite active 75t。

Good point

  • ・マルチポイント対応
  • ・防水・防塵仕様(IP57)
  • ・コンパクト
  • Bad point

  • ・カラーバリエーションがあるが販売店舗限定色に良い色が多い
  • 項目評価(5段階評価)
    コンパクト
    軽さ
    デザイン
    便利度
    総合
    Amazonで得する方法

    Amazonでお得に購入、Amazonギフト券チャージ(発行日から10年間有効)

    1回のチャージ額通常会員プライム会員
    5,000~19,9990.5 %1.0 %
    20,000~39,9991.0 %1.5 %
    40,000~89,9991.5 %2.0 %
    90,000~2.0 %2.5 %

    Amazonプライム会員ならさらにお得。

    チャージが面倒な人はAmazon Mastercard

     

    人気記事