当サイトでは記事内に広告を掲載している場合があります。

消費者庁が問題としているステルスマーケティングや誇大表現を防ぐためWOMJガイドラインに従い、PR記事にはマーケティング主体の名称関係性の内容を明記しておりますのでご安心ください。

問題のある表現が見つかりましたらお問い合わせよりご一報いただけますと幸いです。

Cashless:PayPay利用開始してからの8ヶ月間の結果。

正確な数字でPayPayの利用分をまとめてみた結果、少し驚いているYuji(@yuji_dlv)です。

今回、メインで使用しているキャッシュレス決済『PayPay』の利用額とキャンペーンバック額について、利用開始してから先月までの結果をまとめ、実際にどのくらいキャンペーンの恩恵を受けたかを紹介したいと思います。

先月末までの利用結果

先月時点で使用額(326,751円)に対して、毎月行われている何かしらのキャンペーンで戻ってきた獲得額(57,437円)。17.6%の還元率。

使用額 ¥326,751
獲得額 ¥57,437
獲得率 17.6%
期間 8ヶ月

参加したキャンペーン

2018年12月は最大10万相当戻ってくるキャンペーンを実施していたため、前々から欲しかったミラーレス一眼やレコーダーを購入。残念ながら最大10万相当は外れてしまったが、最大20%は戻ってくるキャンペーン恩恵をうけた。

2019年1月〜3月初旬はトモズなどの薬局やファミマなどのコンビニをメインに使用し、最大20%は戻ってくるキャンペーンや5回に一回確率の最大1,000円キャンペーンに参加。

2019年3月〜6月はコンビニではローソンも対応し、薬局、コンビニをメインに最大20%は戻ってくるキャンペーンや10回に一回確率の最大1,000円キャンペーンに参加。

2019年7月からはセブンイレブンが対応し、ランチ時間に最大20%は戻ってくるキャンペーンや20回に一回確率の最大1,000円キャンペーンに参加。

各月の結果

年月 使用額 獲得額
2018年12月 ¥175,665 ¥500
2019年1月 ¥0 ¥35,131
2019年2月 ¥27,493 ¥0
2019年3月 ¥18,229 ¥5,970
2019年4月 ¥21,255 ¥3,640
2019年5月 ¥11,283 ¥5,369
2019年6月 ¥26,668 ¥1,988
2019年7月 ¥46,158 ¥4,839

まとめ

8ヶ月間で約6万円ほどキャンペーンの恩恵をうけることができた。現金を持ち歩くことによる財布がかさむデメリット、紛失のリスク減らしつつ、より快適、安全に、お得な方法で日々の買い物ができる。

8月はPayPayランチ最大20%、どこでも3%、20回に一回確率の最大1,000円開催中。

>>PayPay8月の最大20%還元キャンペーン


iOS
Android