Logicool(ロジクール)Wireless Keyboard CRAFT(KX1000s)がとてもオススメ!!

 

9月が誕生日月なYuji(@yuji_dlv)です。

前々から購入を検討していた『Logicool(ロジクール)Wireless Keyboard CRAFT(KX1000s)』を購入したので紹介します。

基本情報

【Unifying レシーバー付き】 Logicool ロジクール KX1000s bluetooth ワイヤレスキーボード CRAFT マルチデバイス Windows,Mac対応 Adobe CC対応, FLOW機能対応

製品名(日本語)ロジクール KX1000s マルチデバイス ワイヤレス キーボード
製品名(英語)Logicool® KX1000s Multi-Device Wireless Keyboard
型番KX1000s
品番920-008511
JANコード4943765046233
発売予定日2017年9月15日
保証期間2年間
本体サイズ (横×奥行×高さ)430×149×32mm
本体重量(電池含む)960g
レシーバーサイズ(横×奥行×高さ)18.4×14.4×6.6mm
レシーバー重量2g
カラーブラック
キーレイアウト113キー⽇本語レイアウト
キー構造/デザインパンタグラフ
キーピッチ19.0mm
キーストローク1.8mm
押下圧 60±20g
角度調節機能
クリエイティブ入力ダイヤル (CROWN)スライドアクセス、テキスト・イメージサイズ調節(Microsoft® PowerPoint®)

フォント・カラー・テキストサイズ調整(Microsoft®Word®) 

シート内移動・表作成(Microsoft® Excel®)

デスクトップ変更、ブラウザタブ間の移動、⾳量調節(Windows® controls)

※ Logicool Optionsにてショートカットの割当可能
その他の機能スマートイルミネーション(近接センサー、⾃動バックライティング機能)

Easy-Switch™ボタン(接続させた3台の対応デバイスを簡単に切り替え)
使用電池内蔵充電式リチウムポリマー電池
フル充電期間最大4時間
操作距離10m
無線方式2.4GHzロジクールUnifying™、Bluetooth® Low Energy
対応機種– インターネット接続環境(ソフトウェア ダウンロード時)

– Mac OSおよびWindows用Logicool Optionsソフトウェア(logicool.co.jp/optionsから入手可能)

–USBポートまたはBluetooth® LowEnergyテクノロジー対応の、キーボードをサポートするデバイス

・Unifying:Windows® 7以降、MacOS10.11以降

・Bluetooth®:Windows® 8以降、MacOS10.12以降 <拡張機能を使用可能なアプリ

Microsoft® Word®、Microsoft ®PowerPoint®、Microsoft® Excel®*

Adobe Photoshop CC、Adobe Illustrator CC、Adobe InDesign CC、Adobe Premiere Pro CC**
接続(I/F)USB/Bluetooth® Low Energy
付属品製品本体 / Unifyingレシーバー / 充電ケーブル / 保証規定 / 保証書

photo

<クリエイティブ入力ダイヤル (CROWN)>

<電源ボタン、USB TYPE-C>

<テンキー、マルチデバイス切替キー>

<箱表>

<箱裏>

<付属品一覧>

<キー割当設定>

<アプリ割当設定>

Good point

・Windows、MAC、andorid、iOSなどのマルチOSも問題なく使用可能(最大3つまでキーに割り当て可能)
・スリムデザインなのに打刻感、静寂性が良い
・クリエイティブ入力ダイヤル (CROWN)を使用することで作業効率化可能
・自動判別するバックライト機能がある

Bad point

・ゲーミングキーボードを使用している人には向かない
・クリエイティブ入力ダイヤル (CROWN)部分の回転パターンには2種類有最適化されている
 例1)Excelのセル移動やグラフ調整、画像ソフト関連(アドビ等)の微調整は回転時にとっかかりがないスムーズな回転になる
 例2)chromeやアプリの切り替えなど回転時に金庫のダイヤルのような回転になる

まとめ

クリエイティブ入力ダイヤル (CROWN)は画像や動画編集はもちろんのこと、デザインやレイアウトが重要だったりする微調整が必要な資料作成向いています。数字がメインの資料でもグラフやレイアウトの調整にも便利です。大量に似たような資料が必要な時は微調整後のテンプレートを使用してスクリプトやマクロで処理すれば効率化できます。

打刻感もよく長文を入力しても疲れにくく、タイピングミスも少なく入力できるので入力メインの方でもオススメのキーボードです。

コスパに関しては2年間保証が付いてくるので2年間使用したと計算した場合は購入時が約1.6Kなので1日あたり約22円、月でも約667円なので作業効率化、疲労度など含めて費用対効果高くコスパも高いです。






Amazonで得する方法

Amazonでお得に購入、Amazonギフト券チャージ(発行日から10年間有効)

1回のチャージ額通常会員プライム会員
5,000~19,9990.5 %1.0 %
20,000~39,9991.0 %1.5 %
40,000~89,9991.5 %2.0 %
90,000~2.0 %2.5 %

Amazonプライム会員ならさらにお得。

チャージが面倒な人はAmazon Mastercard

 

人気記事

カテゴリー

アーカイブ

1986年生まれ北海道出身。現在は東京都に住んでいます。検証したり、調べることが好きです。

主にガジェット、WEBサービス、DIY、子育て、食べ物、キャッシュレスについて紹介しています。また、一児のパパになりました。Profile詳細はこちら

Galaxy S10 SC-03L,iPad Air2,EOS KISS M,C101PA, UX21Eユーザ。